脊柱間狭窄症

  • 歩いていると足が痺れたり、痛みが出る。
  • 長い時間歩くことが出来ない。
  • 体を丸めると症状が少し緩和される。
  • 病院で手術が必要と言われた。

【脊柱間狭窄症】とは?

脊椎(背骨)の中にある「脊柱管」と呼ばれる、神経や血管が通っている組織が、主に骨の過形成にて狭くなり狭窄が起こる疾患。

【脊柱間狭窄症】の原因

  • 加齢による変形
  • 姿勢のゆがみによる負担
  • 腰椎椎間板ヘルニアやすべり症
  • 骨粗鬆症
  • 重たいものを良く持つ 

当院の施術方法

痛みや痺れに対しては痛みに特化した治療や「鍼灸治療」などを行います。

また身体の歪み主に骨盤の歪みが原因になることが多いので「骨盤矯正」や身体の筋力を鍛えるインナーのトレーニング機器「楽トレ」などを用いて根本改善や進行を遅らせる治療を行う。